現代の仏壇事情

仏壇とは仏教における仏様を祀る祭壇ってことは皆さんも知っていると思います。
本来は仏様のいる極楽浄土をあらわしていて、それぞれの宗派の一番えらい仏様お祀りするものなのですが、今は、亡くなった人やご先祖様を祀るという考えのほうが一般的みたいです。
昔は家に仏壇があって、おばあちゃんやおじいちゃんからいろいろ教えてもらったりしたものですが、今は核家族が多くなり家に仏壇がない家のほうが多くなってきたと思います。
身近な人が亡くなってはじめて仏壇のことをどうするか考える人が圧倒的に多くなってきたような気がします。
昔の家は和風につくられていましたので、和室や仏間などが当然作られており畳の部屋がほとんどだったと思います。
現代はいろいろ事情がかわってきて、マンションで生活する人も増えてきましたし、家に畳の部屋がない仏間がない家も多数あります。
そのような作りの家に仏壇をおく場合昔ながらの仏壇をおくとどうしてもアンバランスになってしまうような気がします。
家や生活様式が変化してくれば、仏壇も同じように変化をしてきているかと思われます。
今は、現代にあった作りの仏壇も多くでてきています。
一見するとタンスのように見えるのですが、中身は仏壇であったり、昔ながらの黒塗りでなくインテリアのようにデザインされていたりするものもあります。
洋式の部屋においても違和感を感じない仏壇です。
照明もLEDを使っていたりします。
昔のように畳の部屋で正座しておまいりをしなくても、椅子にすわっておまいりする形でもまったく問題がないのです。
一番大事なのは、先祖をおまいるする心であって、形などにはこだわる必要はないと思います。
ですので、和室じゃなきゃいけないというわけでもないですし、リビングに仏壇を祀ってもまったく問題ないですし、その部屋のインテリアの一部になるような仏壇であってもなんら問題はありません。
宗旨宗派などによってはいろいろな決め事や昔からのルールなどがある場合もあるかもしれません。
そのようなことにとらわれる必要もないと思っています。
先祖をうやまい故人と向き合うことで、心と心のつながりができますし、それによって自分も心を落ち着かせ安らぎを求めることができることが一番重要だと思います。
今自分があるのは代々受け継がれているのだと考え、感謝をし敬うきもちがあれば、その考えが自分の子へさらには孫へとさらに受け継がれていくものだと私は考えています。